日本海軍から誕生した

肉じゃがは、家庭料理の代表といってもいいくらい、日本の家庭には馴染みが深いですが、もともとは軍隊の食事メニューだったようです。

肉じゃがは、牛肉または豚肉、じゃがいも、玉ねぎ、糸こんにゃくなどを醤油、砂糖、みりんで甘煮にしたもので、子どもも大人も美味しく食べられています。

肉の種類ですが、西日本では牛肉、東日本では豚肉を使うのが一般的になっているようです。

実は、肉じゃがは日本海軍が発祥だということですが、知っていましたか。

肉じゃがは、栄養価が高く、栄養バランスもいいため、はじめは海兵の食事として全国的に導入されたということです。

ちなみに、現在の海上自衛隊では肉じゃがに代わり、やはり栄養面ですぐれたカレーライスが取り入れられています。

肉じゃがは、1870年から1878年までイギリスのポーツマス市に留学していた東郷平八郎が、留学先で食べたビーフシチューの味を非常に気に入り、日本へ帰国後、艦上食として作らせようとしたことが、発祥だといわれています。

しかし、ワインもデミグラスソースも無く、そもそも命じられた料理長はビーフシチューなど知らなかったため、醤油と砂糖を使って味付けして作ったのが始まりだということです。

それが起源となり、軍隊食として定着したのですが、牛肉やじゃがいもという、当時の日本人には馴染みの薄い食材を使うせいか、一般社会の食卓には定着しなかったということです。

肉じゃがが、今のような形で一般の家庭料理として作られるようになったのは、昭和30年代後半からで、実際に家庭料理の定番メニューとして定着したのは早くても昭和40年代後半になってからのようです。

そして、今では「おふくろの味」の代名詞として家庭料理の代表作と呼ばれるまでになったのです。

これは、今では日本食といってもいいくらい人気のある、カレーライスの普及と同じような流れだということです。